アステック 細胞科学研究所

news

2018.10.1

タイムラプス撮影

bone

当研究所では様々な細胞をタイムラプス撮影しております。
とある細胞を撮影した画像を編集していましたところ・・・徐々に黒いブツブツが出現する現象を捉えました。

実はこれ、細胞が分泌したリン酸カルシウムという物質で、光を通しにくいため黒い粒として映っているものなのです。

培養している細胞は「骨芽細胞」。骨を作りだす特殊な能力を持った細胞で、特定の培養条件ではこうしてリン酸カルシウムを分泌するのです。

受託サービスではタイムラプス撮影もおこなっており、お手軽な費用で興味深い動画を得られるかもしれません。

お気軽にお問合せくださいませ!

PAGE TOP